ゲゲゲの町の助産師会の発達講座がとても勉強になった

# はじめに

発達について勉強するため、ゲゲゲの町の助産師会の発達講座に参加してみました。

# ゲゲゲの町の助産師会とは

東京都調布市で活動する助産師の会です。facebookのイベントページ (opens new window)をみると、発達講座や子育て講座を行なっているようです。

# 発達講座は充実の内容

内容が盛りだくさんで充実の内容でした。助産師、田中佳子さんの講演で、多数のスライドと経験に基づいた動画で理解しやすく説明していただきました。 0歳児からの発達の話のみならず、その前段として人類の進化や様々な原始反射を踏まえた上で、どうアプローチすべきかという話があり、とても興味深い内容でした。 6ヶ月から1歳までに脳の神経シナプス形成が行われるそうです。それまでに上記の遊びをしてみようと思います。

# 実践したい事

反射を統合するための遊びももちろん実践したいですが、加えて、様々な話をうかがった上で、気に留めておこう・自分の子どもに実践しようと考えたものをピックアップします。(下記は講座のほんのすこしの内容です)

# 寝返り

赤ちゃんは、膝→腰→上体の順で寝返る 足の指を舐める行動は大事

# お座り

お座りの練習は不要 バンボは良くない

# ハイハイ

ハイハイの前の腹ばいが大事 足親指を使ってハイハイする ハイハイ期間は長い方が良い(首の上下運動、運動機能が高まる)

# 離乳食

上唇が閉じるのを待つ(上唇にスプーンをこすりつけない) 向き合って食べ方を見せる 手づかみで食べさせる(8-9ヶ月ごろ。手と口の感覚を連動させる)

# おんぶ

おんぶは同じ目線で共視(共に同じものをみる) 肩にしがみつくことで体幹を鍛える

# さいごに

ゲゲゲの町の助産師会 (opens new window)の田中さんの講演はとても良かったです。オススメです。