Jetpackでmarkdownをコピペするなら改行コードはCR+LFにする

いつも文章をかくときmarkdownで書いています。エディターはVisual Studio Code(VSCode)で、文字コードはutf8、改行コードはLFです。

VSCodeで書いた記事をコピペでwordpress投稿画面に貼り付けると、改行されないし、見出し文字が大きくならないし、どうしたものかと困っていました。

markdownでの投稿を可能にするため、wordpressプラグインのJetpackを入れて、markdownでの記事投稿を有効にしています。

なんとなくVSCodeで書いた記事をサクラエディタに貼り付けて改行コードをCRLFに変えて、wordpress投稿画面にコピペしたら、なんと、綺麗に改行されて、見出し文字も大きくなりました。

困りごとが解消しました。めでたしめでたし。

ほんとはAPIとかでwordpress投稿をしたら楽かと思うのだけど、wordpressの画面操作性に慣れる(wordpressを他の人に教えたい!)ためにコピペで頑張ろう。

wordpressのログインurlを変えよう

wordpressのログインurlを https://(ウェブサイトFQDN)/wp-adminから変更すると、セキュリティが上がるらしい。なので、ログインurlを変えよう!

SITEGUARDというwordpressのプラグインを使うと簡単にログインurlを変更できた。

siteguard画面

オプションで「管理者ページからログインページへリダイレクトしない」にチェックを入れると、https://(ウェブサイトFQDN)/wp-admin/ にアクセスしても404ページが表示される。

もちろん、変更後のログインページ名はダミーの文字列です。

SITEGUARDさんありがとう。